免疫力と肌周期

免疫力と肌周期

イボは、年齢を重ねたお肌に、よく現れます。それ故、「老人イボ」とも言われますが、正式には、「脂漏性角化症」と言います。お肌は、一定の周期(大体28日)で古い角質が剥がれ、新しい角質になります。それを繰り返していくのですが、年齢を重ねた肌は、その肌周期(ターンオーバー)が上手に出来ません。イボができる原因は、この肌周期が乱れている、正常に機能しない、といったことも原因の一つに考えられます。

 

更に、ちょっとした体内バランスから、免疫力が低下していたりすると、結果、このにっくきイボがポツっと出てきてしまうのです。体の中の周期といえば、生理周期ですが、勿論、こちらも女性にとって大切なものです。
体にとって、周期の正常化と免疫力アップというのは、体の中にも外にも、とても大切なことだ、ということがわかりますよね。自然の中でも、付きの満ち欠けや、海の満ち干き。一定のリズムを持って動いているものが多く見られます。私たち人間にも、同じように一定のリズムを刻んで進むということが、体に染み込んでいるのですから、そのリズムが出来るだけ崩れないようにすること。それらの事が、イボを防ぐことや再発防止につながっていくのです。